会津坂下全町民に「5000円分商品券」配布、コロナ経済対策の一環

 

 会津坂下町は、全町民に1人当たり5千円分の商品券を配布する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける町内事業者を応援し、地元消費による地域経済の活性化を促進する。商品券は地元店専用が3千円分、全店共通が2千円分で、約1万5千人への配布を見込む。7月中旬から発送し、取扱店で年内使用する。

 また、新型コロナの影響を受けながら生活する学生を応援するため、就学継続支援給付金として一律3万円を給付するほか、町の特産品を届ける。いずれも町内に保護者がいる学生(大学生、短大生、専門学生など)が対象。特産品はコメやみそ、しょうゆ、ラーメン、菓子などで、1人当たり7、10月の年2回発送する。

 このほか、県の営業時間短縮要請に応じた町内の飲食店に対する支援として町の協力金を上乗せする。収容人数が100人以上は50万円、30人以上は20万円、30人未満は5万円。

 関連予算を含め1億5600万円を追加する本年度一般会計補正予算案が11日の臨時議会で可決された。

 各事業案内は全戸配布を検討している。問い合わせは町政策財務課(電話0242・84・1504)、町商工観光班(電話0242・83・5711)へ。