コロナ収束願い「竜の壁画」 浄土平レストハウス、高野さん作製

 
巨大な竜の壁画を描いた高野さん。コロナ収束の願いが込められている=福島市・浄土平レストハウス

 磐梯吾妻スカイラインにある浄土平レストハウス(福島市)に今シーズンから、竜が描かれた巨大な壁画が登場した。描いたのはレストハウスの美術スタッフの高野仁久(きみひさ)さん(59)。「新型コロナウイルスの一日も早い収束を」との願いが込められている。

 壁画は施設2階の休憩室にあり、縦1.8メートル、幅8.2メートル。赤や白など6色の水性ペンキを使用した。渦巻き状の模様にコロナウイルスが吸い込まれていくことをイメージしたという。制作期間は4~5日で「立体感を出すのに苦労した。壁画の前で写真を撮ったりしてもらえたら」と話す。

 高野さんはかつて、浪江町で看板店を営み、東京電力福島第1原発事故後に福島市に避難。レストハウスで3年近く働いている。

 施設の浅見宗一郎統括責任者(48)は「せっかくの腕を振るう機会が少ないので、全国から人が訪れるレストハウスで腕を振るってもらえれば」と高野さんに期待を寄せる。

 壁画のほか、アルコール消毒を呼び掛けるキャラクター「ジョーズダイラくん」も制作。施設1階にキャラクターを活用した消毒液があり「(親しみやすいキャラクターの消毒液と本格派の壁画の)ギャップを感じてもらえたら」という。

 標高約1600メートルの施設に登場した巨大な竜。「天空に近い場所で、守護神としてコロナから私たちを守ってもらえたら」と高野さんは願っていた。