新型コロナ、屋外での飲食も注意を 福島市が感染対策基本方針

 
市の基本方針を決めた対策本部会議

 福島市は14日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県の非常事態宣言(15~31日)を踏まえた市の基本方針などを決めた。市民に対して不要不急の外出自粛に加え、市内で感染例として報告されている屋外でのバーベキューなどに注意するよう求める。

 飲食店での感染対策も強化する。市は現在、独自のチェックシートを使って午後8時以降に営業している接待を伴う飲食店を対象に訪問と点検を行っているが、対象を午後8時まで営業している飲食店に拡大する。今後、約600店舗を訪問して対策状況を点検する。

 木幡浩市長は飲食店の感染対策を巡り、午後8時~翌日午前5時の営業自粛への協力状況も確認するよう指示。その上で「午後8時以降営業している店に行かない行動が必要だ」などと呼び掛けた。