飲食店700店に時短協力要請 県南振興局、コロナ緊急特別対策で

 
店主に時短営業への協力を呼び掛ける職員(左)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、県南地方振興局は15日、管内の飲食店に対し時短営業への協力の要請活動をスタートさせた。20日まで行う予定。

 県の非常事態宣言に基づく緊急特別対策に合わせて実施した。対象の飲食店は約700店。初日は県職員がグループに分かれ、白河市と西郷村の飲食店を回った。

 このうち同市の「お食事処 四季彩 柔」では、県職員2人が訪れ、店主の君島人志さんに協力要請のチラシや感染防止対策のチェックリストなどを手渡した。