福島でサクランボ「佐藤錦」収穫最盛期 大粒多く、甘みも上々

 
赤く色づき一つ一つ丁寧に収穫されるサクランボの高級品種「佐藤錦」=17日午後、福島市飯坂町

 福島市飯坂町の果樹農家でハウス栽培のサクランボの収穫が最盛期を迎えている。金子多美雄さん(81)方では、金子さんと長男の清高さん(48)がサクランボの高級品種「佐藤錦」の摘み取り作業に追われている。

 清高さんによると、ことしは雪が多く、ビニールハウスのフィルムを張るのが2月に遅れたものの、今月上旬の収穫に間に合った。「Lサイズ」「2Lサイズ」の大粒が多く、甘みも上々といい、箱詰めにして主に首都圏方面に出荷するという。