郡山市、キャンセル分は入院患者に コロナワクチン廃棄回避へ

 

 ワクチンの有効な活用方法を巡っては、郡山市でも新たな取り組みが始まる予定だ。同市は、高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種で直前にキャンセルが出た場合、ワクチンを無駄にしないため、集団接種会場の医療機関の入院患者に接種することなどを関係者と協議する。

 同市は、高齢者のワクチン接種を個別接種と集団接種に分けて行っている。先日は、両方の接種の「二重予約」が明らかになり、キャンセルが相次いだ。現在、直前にキャンセルが出た場合には、会場にいる未接種の医療従事者に打つことにしているが、さらなる対策が必要と判断した。

 集団接種会場でキャンセルがあった場合には、そこで従事している医療従事者への接種が終わり次第、会場となっている医療機関の入院患者らを対象にする。重症化のリスクが高い人への接種を優先することで、医療体制の逼迫(ひっぱく)を緩和させる狙いがある。

 個人接種会場でキャンセルが出た場合には、医療従事者に加え、その家族も対象にすることを検討している。家族への接種により、医療従事者が安心して働くことができる環境づくりにつなげる。

 一方、同市は「二重予約」の問題を解消するため、心当たりのある人に対し、市の防災メールや公式LINE(ライン)を通じて早期キャンセルを促す。市の担当者は「直前のキャンセルは代わりに打つ人を探す時間も必要になり、大変問題」と、対応を呼び掛けている。