「原釜尾浜海水浴場」7月17日海開き 混雑時は駐車場一時閉鎖

 

 相馬市観光協会は、同市の原釜尾浜海水浴場を7月17日に海開きすることを決めた。新型コロナウイルスの感染防止対策を実施しながら、海水浴客を受け入れる。8月22日までの予定だが、感染状況次第で柔軟に判断する。

 17日に相馬市で開いた関係機関との同海水浴場対策協議会で決定した。海水浴場の開設時間は午前9時~午後4時。期間中は密集の回避などを徹底し、海水浴場が混み合う場合には、駐車場を一時的に閉鎖する。

 場内の海の家では、会話を控えながら食事を楽しむ「黙食」を促す。利用客が順番待ちなどで列になる際には、距離を十分に確保できるよう立ち位置の目印なども表示する。

 同海水浴場は、東日本大震災後、2018(平成30)年に再開した。新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年、独自の感染防止対策を決めて開設し、1万8153人が来場した。