福島第2も核防護不備 原子力規制委、通路扉管理など既に改善

 

 原子力規制委員会は19日、東京電力福島第2原発で行った規制検査で、核燃料を扱うため立ち入りが制限される「防護区域」に通じる扉の管理が不十分などの核物質防護関係の不備が3件あったと公表した。安全重要度はいずれも4段階で一番低い評価の「緑」だった。既に改善されたという。

 規制委によると、社員が3月19日に、4号機の防護区域境界にある扉が管理されていないことに気付いた。翌20日には1号機でも見つかった。東電によると、核物質防護担当部門の認識不足で、扉の存在を把握しておらず、不適切な管理は営業運転開始以前から続いていたという。外部に通じる別の扉が施錠管理されているため、不法な侵入はなかったとしている。1~4号機では防護区域の出入り口で行う金属探知機による点検なども取られていなかった。入構用IDカードの紛失問題も指摘された。

 また、規制委は第1原発の保安検査結果も公表。1号機原子炉圧力容器の温度計の配線を誤って接続したため、一時圧力容器内の温度を監視できなくなるなど3件の不備があった。いずれも安全上影響のない「軽微な違反」という。