福島県「感染経路」不明割合は35% 新型コロナ、3方部傾向など

 

 県は、県全体と県内3方部の感染経路の傾向を公表した。県全体では、大型連休後の6~12日に感染経路不明の割合が35.0%に上っており、県は「連休中にさまざまな人と交流し、感染経路を特定できない例がある」として、連休中の人の往来が影響した可能性を指摘した。

 3方部別では、会津地方が連休中(4月29日~5日)に飲食店を感染源とする陽性者の割合が17.2%に上ったのに対し、連休後(6~12日)に3.5%に減少した。県は、3日に会津若松市の飲食店を対象に出した営業時間短縮要請に一定の効果があったとみている。中通りと浜通りは、連休後に飲食店での感染が増加した。