郡山で保育所クラスター発生 福島県初、園児や職員計6人感染

 

 郡山市は20日、市内の民間認可保育所で園児と職員計6人の新型コロナウイルス感染を確認し、県内70例目のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県によると、保育施設でのクラスター発生は県内で初めて。市は施設名を公表していない。

 市によると、女児1人が県内感染者の濃厚接触者となったことからPCR検査を受けた結果、15日に感染が判明。その後、園児と職員全員の検査を行い、18日に男児1人と30代と40代の女性職員2人、20日には20代と40代の女性職員2人の感染が判明した。いずれも軽症か無症状で入院予定。全園児と全職員の検査は終了している。

 市によると、保育所は17日から休園しており、再開は6月1日以降になるという。