福島県「8連覇」達成 全国新酒鑑評会、最多17銘柄が金賞獲得

 

 酒類総合研究所(広島県)は21日、2020酒造年度(20年7月~21年6月)の日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会の審査結果を発表した。本県は長野県と並び、都道府県別で最多の17銘柄が金賞を獲得し、最終審査が中止となった19酒造年度を挟み、金賞銘柄数で8回連続の「日本一」を達成した。

 本県の日本一は通算10度目で、連覇記録を史上最多の8回連続に更新した。