クマに顔面かまれ男性けが 会津美里の山林、県内で今年初被害

 

 23日午前10時45分ごろ、会津美里町西本字村廻の山林で「男性がクマに襲われたみたいだ」と通行人から119番通報があった。会津若松署会津美里分庁舎によると、郡山市の男性(39)が顔面などをかまれけがをしたが、命に別条はないという。県によると、県内でツキノワグマによる人身被害は今年初。

 同分庁舎などによると、男性は山菜採りのために山林を歩いていたところ、体長約1メートルのクマに遭遇し、襲われたという。その後、男性は車を運転して自力で下山。男性と出会った通行人が通報した。クマの行方は分かっていない。

 現場は同町のJR只見線会津高田駅から南西に約7キロの山林。同分庁舎は現場周辺をパトロールし、住民に注意喚起を行っている。