若隆景の雄姿に拍手 後援会、福島駅前で大相撲夏場所観戦

 
若隆景の取組を見守る相撲ファンや後援会メンバーら

 大相撲夏場所で2場所連続となる技能賞を受賞した若隆景。地元福島市のJR福島駅西口広場で23日、千秋楽のパブリックビューイングが行われた。相撲ファンらは今場所を沸かせ、三役入りが確実となった若隆景の取組を見守った。

 若隆景らを応援する「大波3兄弟福島後援会」のメンバーらが参加。「若隆景」などと書かれたタオルを掲げ、新型コロナウイルス感染防止のため距離を取りながら観戦した。

 取組では若隆景の手が土俵に付き、惜しくも敗退。集まった人たちから「残念」とため息があふれた。それでも、幕内で9勝6敗と2場所連続で勝ち越し、新小結を確実とした地元力士の雄姿に惜しみない拍手が送られた。

 観戦した3兄弟の父大波政志さんは「取組を見る皆さんの気持ちも高まっていたのでうれしい。さらなる上を目指してほしい」と活躍を願った。同後援会の作田謙太郎幹事長は三役となれば、さらなる後押しが必要と考えている。「市内だけでなく3兄弟の応援を全県に広げていきたい」と話し、ファンの拡大を目指す。