ワンコインで提供 ひとり親世帯に食品、相馬の子育てサロンが支援

 
提供される食品が入った段ボールが並んだ会場

 相馬市で育児支援に取り組む子育てサロン「こはるびより」は22日、市総合福祉センター(はまなす館)で、未就学児のいるひとり親世帯に食品などを提供した。

 「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン」の助成金を得て、市社会福祉協議会の協力で実施。この日は、レトルト食品、お菓子などの詰め合わせをワンコイン(500円)で提供し、12世帯が利用した。

 同サロンは定期的に食材提供を継続する方針で、次回は7月24日に実施する。代表の中村美由紀さんは「相馬を子育てしやすいまちにしたい。活動に協力してほしい」と食材の寄付など支援を呼び掛けた。