古関メロディー 心に響くソプラノとバイオリン、福島でコンサート

 
美しいハーモニーを奏でる演奏者

 古関裕而記念館(福島市)は22日、福島市のふくしん夢の音楽堂で「ソプラノとヴァイオリンで奏でる古関裕而の世界」と題したコンサートを開いた。来場者は、同市出身の作曲家古関裕而が作曲した「栄冠は君に輝く」などの演奏に聞き入り、楽しい時間を過ごした。

 福島市飯野町出身のソプラノ歌手阿部絵美子さんら3人が出演し、アメージング・グレイスなど世界の音楽7曲と古関裕而の作品12曲を披露。歌声とバイオリン、ピアノが奏でる美しいハーモニーに聴衆からは盛大な拍手が送られた。

 同館は6月19日にはコンサート「ハーモニカの調べ」を開く予定。午後2時開演。料金は無料。新型コロナウイルス感染拡大防止のため定員を先着80人に限定する。6月5日から申し込み受け付けを始める。申し込み、問い合わせは同館(電話024・531・3012)へ。