田んぼアート 今年は「光秀と帰蝶」、三春のファームパークで測量

 
田んぼアートのデザイン構想

 三春町のファームパークいわえで22、23の両日、地域の魅力を発信する「田んぼアート」の測量作業が行われた。

 農業を通じた地域おこしの一環として、地域住民らが毎年、テーマを決めて作成している。

 今年はNHK大河ドラマ「麒麟がくる」を題材とした。明智光秀と、光秀の幼なじみ「帰蝶」を田んぼにデザインする。昨年は伊達政宗の正室で、三春出身の「愛姫(めごひめ)」を田んぼに描いており、2年連続の「大河ドラマシリーズ」となった。

 ファームパークいわえを題材としたフォトコンテスト開催を予定している。