大規模停電時、電気自動車を電力源に 磐梯町と日産が災害連携協定

 
オンラインで行われた締結式

 磐梯町と日産自動車は20日、災害時に電気自動車を避難所の電力源として活用する「災害連携協定」を締結した。

 地震災害などの大規模停電が発生した際には町指定の避難所において、福島日産自動車と日産プリンス福島販売から電気自動車が貸し出され、電力源として活用される。

 締結式はオンラインで行われ、佐藤淳一町長と佐竹伸一日産自動車北日本リージョナルセールスオフィス部長、金子與志人福島日産自動車社長、高浜圭裕日産プリンス福島販売社長が協定書を交わした。