酒気帯び運転逮捕の警部補、停職6カ月処分 福島県警、依願退職

 

 県警は25日、酒気帯び運転の疑いで逮捕された郡山署地域課係長の警部補(58)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。警部補は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、元警部補は4月18日午後1時20分ごろ、郡山市の市道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、近くの商業施設駐車場で停車していた乗用車に接触する事故を起こした。駆け付けた警察官が呼気を検査したところ、酒気帯び運転が発覚した。

 元警部補は県警の調べに対し「買い物を思い付き、衝動的に運転してしまった。多くの方に迷惑を掛けてしまった。悔やんでも悔やみきれない」と話したという。

 県警の首席監察官は「警察官としてあるまじき行為であり、改めて県民の皆さまに深くおわび申し上げる。再発防止を徹底し、信頼回復に努めていく」とコメントした。