郡山・ワクチン、1日から受け付け 64歳以下の基礎疾患ある人

 

 郡山市は6月1日から、64歳以下で基礎疾患がある人への新型コロナウイルスワクチン接種の受け付けを始める。基礎疾患の有無は自己申告制で、受け付けた人には6月中に接種券を配送する。市が25日、発表した。

 接種の開始時期は検討中で、64歳以下の市民に先行して行う。申請は専用のコールセンターやインターネットで受け付ける予定で、市は2万7000人以上が対象になると試算している。

 主な対象者は、慢性疾患や免疫機能が低下するなどの疾患がある人のほか、体格指数(BMI)が30以上で肥満とされる人。

 本田文男市保健福祉部長は「混乱がないように、対象者への確認作業を実施したい」とした。