会津若松の魅力 若者目線で情報発信へ、学生PR部3期生4人入部

 
室井市長に活動の充実を誓ったおゆき(中央)とまいちゃん(右)

 会津若松市の大学、専門学校の学生が市の魅力を発信する学生PR部「AiZS'(アイヅ)モーション」に、3期生の4人が入部した。入部式が24日、市役所で行われ、室井照平市長が若者目線での情報発信に期待を込めた。

 同部は、会員制交流サイト(SNS)を使ったPR活動の推進に向け、2019年度に誕生した。3期生は、2期生としても活動した「おゆき」のほか、「まいちゃん」「さーちゃん」「だぁ」。市の公式フェイスブック、インスタグラムを使って市のイベントや取り組みなどをPRする。市政だよりの特集記事にも協力する。

 式にはおゆきとまいちゃんが出席し、室井市長から名刺を受けた。おゆきは「日々の生活の中で見つけた会津のときめきを発信したい」、まいちゃんは「生まれ育った会津のPRを頑張る」と抱負を語った。