高齢者ワクチン接種予約は7割超 若松市、2週間で想定上回る

 

 会津若松市の65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種で、予約した人が対象者の72%に達したことが26日、市への取材で分かった。市と医師会は接種を希望する人が対象者の70%と予想して準備を進めていたが、予約開始から2週間余りで当初の想定を上回った。

 市は、政府が7月末までに高齢者への接種完了を目標としていることから、各医療機関での接種回数を増やして対応する方針だ。

 市によると、対象者は高齢者施設の入所者らを除いた約3万5800人。25日現在で72%となる2万5678人の予約を受け付けた。26日午前にも約680人が予約したという。

 市は「1月時点での国際的な調査結果などを踏まえ、70%と見込んでいた。市内で感染が拡大していたこともあり、不安に思って予約する人が多いのではないか」との見方を示している。