須賀川駅周辺の利便性向上へ 東西交流も促進、整備イメージ図公開

 
須賀川駅周辺の整備後イメージ図

 須賀川市は、JR東日本仙台支社と整備を進めている同市のJR須賀川駅周辺について、市のホームページで整備後のイメージ図を公開した。駅の東西をつなぐ自由通路や駅西側に設置予定のロータリーなどおおまかなイメージを示しており、2024年度末の利用開始を目指す。

 市は駅の利便性向上と駅東西の交流促進などを目的に、同支社と基本協定を結んで駅西側の市道整備などを進めている。

 市によると、来年度にも駅舎の改築工事に着工する。駅西側の市道やロータリーは26年度の利用開始を目指している。

 市の計画では、駅に線路を橋状にまたぐ連絡通路を整備し、駅の東西を往来できるようにして利便性を高める。また、障害者らが利用しやすいようバリアフリーも整備する。駅舎にテラスを設けるなど、市民が親しみやすい駅舎の整備を目指している。