郡山・宝来屋「レモンあまざけ」販売へ 酸味爽やか!疲労回復

 
販売を始めた「レモンあまざけ」=郡山・宝来屋本店

 郡山市の宝来屋本店は6月1日、イタリア南部シチリア島産のレモンを使った「レモンあまざけ」の販売を始める。甘酒の自然な甘みを引き立たせる爽やかな酸味が特徴で、夏バテ予防や疲労回復に効果が期待できるという。4万本の数量限定で8月末までスーパーを中心に全国販売する。

 シチリア島のレモンはえぐみの少なさとすっきりした酸味が特徴。10種類のレモンで試作した結果、同社の甘酒の優しい味わいに最も適したことから採用した。アルコール分を含まず、子どもや妊婦も楽しめる夏の栄養ドリンクとして販路を広げる考えで、すでに香港やスイスなど海外への出荷も決まっているという。1本350ミリリットル入りで、希望小売価格は400円。

 宝来屋本店が28日、郡山市で商品発表会を開いた。柳沼広呂人社長は「甘さとレモンの爽やかな酸味がマッチし、これからの季節にぴったりの商品。夏の対策に飲んでほしい」とアピールした。問い合わせは同社(電話024・943・2380)へ。