輝く銀りん若アユ遡上、力強く跳びはね いわき・鮫川で本格化

 
堰を乗り越えようと力強く跳びはねる若アユ=28日、いわき市・鮫川

 いわき市南部を流れる鮫川でアユの遡上(そじょう)が本格化している。昨年秋に生まれ、10センチ前後に成長した若アユが、堰(せき)を乗り越えようと水流から勢いよく跳び出し、陽光に銀りんを光らせている。

 鮫川漁協によると、水温、水量ともに適正な状況が続き、多くのアユが活発に遡上している。アユの餌となる川底のコケの繁殖も良好とみられ、良型への成長が期待できるという。

 鮫川水系のアユ漁解禁日は6月13日午前5時。同漁協は「天然ものと放流もので魚影は濃く、今年もアユ釣りを楽しんでもらえそう」としている。