飲食店の料理配送1日から200円に 若松市、タクシー補助増額

 

 会津若松市は1日から、市内の飲食店の料理をタクシーで住宅などに配達する事業「届け!おみせごはんプロジェクト」への補助を増額する。利用者がタクシー業者に支払う配送料を500円から200円に下げることで、利用促進につなげる。

 市内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、売り上げが落ち込む飲食店とタクシー業者への支援を強化するのが目的。

 事業は昨年9月に始まった。利用者が飲食店に電話で注文すると、飲食店の依頼を受けたタクシー運転手が料理を届ける。利用者は運転手に、料理の代金と配送料を支払う。飲食店43店舗が参加しており、市中心部の住民のほか、東山温泉5施設の宿泊客が利用できる。市によると、昨年9月~今年3月は月平均55件の利用があった。問い合わせは市地域づくり課(電話0242・39・1209)へ。