色とりどりのバラ香る英国庭園 本宮・6月6日までフラワーフェス

 
来場者を出迎えているローズドームのバラ

 本宮市のプリンス・ウィリアムズ・パーク英国庭園で29日、フラワーフェスティバルが始まった。英国風のローズアーチに咲く色とりどりのバラが来場者を魅了している。市の主催で6月6日まで。入場無料。

 英国庭園は、ウィリアム英国王子が2015(平成27)年に同市を訪問したことをきっかけに、日英友好の証しとして17年に開園した。園内には帯状にデザインされた花壇「ボーダーガーデン」や、水性湿性の植物園「ウオーターガーデン」などが整備されている。

 初日は入場時の検温や手指消毒などの感染対策を講じた上で開会式が行われた。高松義行市長ら来場者がバルーンを大空に放ち、開幕を祝った。園内では、バラが見ごろを迎えているほか、初夏の草花が楽しめる。問い合わせは市都市整備課(電話0243・24・5406)へ。