会津除く福島県立校、歌や調理実習再開へ 6月1~7日は移行期間

 

 県教委は28日、非常事態宣言の解除に伴い6月1~7日を移行期間と位置付け、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で感染リスクの高い学習活動を徐々に再開してもよいとする通知を県立学校に出した。宿泊を伴う学校行事や合宿などは8日以降、感染対策を講じた上で可能とした。市町村教委にも周知した。

 会津若松市で集中対策が講じられることから、南会津地区を除く会津地区では引き続き、感染リスクの高い学習や宿泊を伴う行事を中止とする。8日以降の対応は改めて通知する。

 県教委は感染リスクの高い学習活動として、密閉状態での歌唱指導や家庭科の調理実習、児童生徒が密集したり、近距離で組み合ったりする運動などを想定し、部活動も対象としている。