いわき・常磐地区の飲食店支援、「プレ金弁当プロジェクト」開始

 
常磐地区で始まった「プレ金弁当プロジェクト」

 毎週金曜日に行政機関や事業所に、飲食店などが販売する弁当の大口購入を呼び掛けるいわき市常磐地区の「プレ金弁当プロジェクト」が28日、同市の古滝屋で始まった。6月末まで。

 いわき商工会議所常磐支所、いわき湯本温泉商店会連合会、じょうばん街工房21、市常磐支所が共同で実施。新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが落ちている同地区の飲食店を支援していこうと、昨年に続いて行った。

 同日午後5時に、古滝屋の1階ロビーに同地区の10店舗がブースを設置した。あらかじめ弁当を注文していた仕事終わりの会社員らが訪れ、商品を買い求めた。

 申し込みは、専用の申込書を市常磐支所市民課にメールかファクスする。毎週水曜日の午後5時まで受け付けている。問い合わせは同市民課(電話0246・43・2111)へ。