郡山・東部幹線、6月10日一部開通 三春、船引からの混雑回避

 

 県は31日、郡山市に整備を進めている東部幹線のうち、国道288号と交差する久保田、水神山の両工区が今月10日に開通すると発表した。

 開通済みの県道荒井郡山線につながる計820メートルが開通する。開通により、三春、船引方面などからの混雑回避につながる。

 東部幹線の残り区間は市の工事となるが、全線開通の時期は未定という。