内堀知事「感染対策の継続を」 若松の時短営業、週末にも方針

 

 内堀雅雄知事は31日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた「非常事態宣言」の解除について「平時に戻ったわけでは全くない」と強調し、再拡大を防ぐ対策を継続するよう訴えた。

 7日まで「集中対策」として、飲食店の営業時間短縮などを継続する会津若松市については、今週末をめどに今後の方針を決める考えを示した。判断材料としては、人口10万人当たりの新規感染者数などを挙げ「病床の逼迫(ひっぱく)率などの状況も考えながら、総合的に判断していきたい」と述べた。

 会津若松市は依然としてステージ4(爆発的感染拡大)の指標(25人)を上回っている。