オンライン就活「定着」 新型コロナ下2年目、企業も積極導入

 

 来春卒業を予定する大学生らへの採用面接などが1日、解禁された。新型コロナウイルスの影響で、企業側は今年もオンラインの面接や説明会を積極的に導入する。県内でも採用活動の「オンライン化」は進んでおり、学生の間にも就職活動の新しい形として定着してきた。

 「不安があったが、現時点で不便を感じることはない」。航空業界など首都圏の企業を中心に就職活動を行う福島大共生システム理工学類の学生(4年)は、3年の夏ごろからオンラインのインターンシップに参加するなどしてきた。企業の説明会はオンラインが主流になってきているといい「遠方の社会人ともつながることができるなど、オンラインの利点を生かして活動している」と話す。

 県内企業でも採用のオンライン化は進む。約200人の採用を予定するヨークベニマル(郡山市)は、昨年に続きオンライン面接を中心に、段階に応じて対面の選考を取り入れる。説明会もオンラインで重ねており、担当者は「コロナ対応が手探りだった昨年と比べ、企業側も学生側もウェブ形式の就職活動に慣れてきている」と話す。リオン・ドール(会津若松市)も今年から本格的にオンライン面接を導入。応募者が対面と選択する形としたが、オンラインを選ぶ学生の方が多いという。

 ただ、感染対策を徹底しながら対面を重視する企業も多い。東邦銀行は説明会などはオンラインで行ったが、面接は対面を採用する。担当者は「直接会った方が人柄が伝わり、選考の判断材料になる。学生にも会社に来てもらい、働くイメージを持ってほしい」という。首都圏の私大学生を中心に志願者も増えているといい「(コロナ禍で)Uターンを希望する学生が多いのでは」と話す。

 福島大キャリア支援課は、オンラインのインターンシップや合同説明会の普及で、感染拡大による混乱が広がった昨年度よりは学生も順調に動けているとみる。採用人数を例年より絞るなど採用に慎重な企業もあるが、企業の採用活動が進むスピードはコロナ禍前の状況に戻っており、内々定の通知を受けた学生も増えているという。担当者は「就職活動に苦しんでいる学生をいち早くフォローできる態勢をつくっていく」としている。