須賀川市「低所得子育て世帯支援」へ、新型コロナ対策で予算計上

 

 須賀川市の橋本克也市長は5月31日、市役所で定例会見を開き、3日開会の6月議会に提出する3億3310万円の本年度一般会計補正予算案など12議案を発表した。

 新型コロナウイルス感染症の緊急対策として、ひとり親世帯を除く低所得の子育て世帯への生活支援特別給付金に5440万円を計上した。

 感染拡大防止に向け、市内の愛寿園、いわせ長寿苑の両特別養護老人ホームで仕切りなどを設ける「ゾーニング」環境の整備に300万円を盛り込んだ。

 このほか、4月に専決処分した、2月の本県沖地震の復旧事業や新型コロナ感染症に伴う緊急対策事業への補正予算計17億30万円の承認を求める。