南相馬市、6月14日から64歳以下集団接種 新型コロナワクチン

 

 南相馬市は14日から、64歳以下の市民を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始める。市が2日、新型コロナ対策本部会議で方針を示した。

 市によると、対象は約3万3000人。14日から基礎疾患を持つ人と在宅医療を受けている人を優先して進める。21日からその他の60~64歳、28日から高校生や小、中学、高校、幼稚園などの教職員、警察署職員の順で行う。7月5日から地区別、企業・団体ごとの接種が始まる予定で、いずれも市が日時を指定する。

 企業に勤め、市の指定日時に合わせにくい場合、企業側が従業員の接種曜日を指定した上で市が調整を図る。対象は従業員50人以上の企業。市は7日に企業向けの説明会を開き、協力企業を募る。

 希望者への接種は8月末に完了する見通し。