川底から縄文の巨木 三島・大谷川で発見、5400年前噴火で倒木か

 
5400年前のケヤキと推測される巨木と佐久間理事長

 福島県三島町大谷の大谷川の川底から、5400年前の縄文時代中期に起きた沼沢火山の噴火で倒れ、埋没していたケヤキと推測される巨木が発見された。人が関与していなければ考古学的な価値はないというが、同期以前の奥会津に豊かで広大な巨木の森が存在したことや、巨木がなぎ倒されるほどすさまじい爆風があったことを知る上で貴重な資料になりそうだ。

 同町の一般社団法人IORI倶楽部などによると、会員の家族らが昨年5月に川遊びをしていた時に埋没している巨木を見つけ、今年2月に地元林業者らの協力で掘り起こした。幹は一番太い部分で直径1.5メートル以上、長さは14.8メートル。大谷集落は約200年前に大水害に見舞われ、集落のほぼ全域が水没した歴史がある。また柳津町の円蔵寺再建のために川を利用して木材を提供した流域でもあり、当初は同時期に埋没したのではないかと想定していた。

 加速器分析研究所による放射性炭素年代測定の結果、5600~5400年前に倒れ、生命活動を終えたと推測されるケヤキで、同期間内に樹木の生命活動を終えた可能性が約95%あるという。加えて沼沢火山の現地調査を行ったことがある研究者にも倒木の関係を問い合わせ、同時期に起きた沼沢火山の噴火の爆風や火砕流でなぎ倒された巨木であるとのお墨付きを受けた。

 同法人の佐久間源一郎理事長は「5400年の時空を超えた巨木が現れ、由来も分かったことにロマンを感じる。巨木の存在と地域の深い歴史を知ってほしい」と話す。巨木は同町の佐久間建設工業で展示している。問い合わせは同社森林事業部(電話0241・42・7802)へ。