「接種予約日、繰り上げを」 若松市、8月以降の市民に呼び掛け

 

 会津若松市は、65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチン接種の7月中の完了に向け、8月1日以降に接種を予約している人に予約日を繰り上げるよう呼び掛けている。市によると、8月1日以降に約4000回の予約が入っているという。

 当初は週4000回余りの接種を行う想定だったが、週7500~8000回の接種を行えるよう接種体制を強化し、予約枠の拡大につなげた。市内の感染状況などを踏まえ、各医療機関での接種回数を増やすよう医師会に協力を求めたという。室井照平市長は4日の記者会見で「ワクチン接種は有効な感染症対策。一日も早く接種を受けてもらえるよう、接種回数を増やした」と説明した。

 予約日の変更は予約専用ダイヤル(電話0120・050・503)へ。混雑を避けるため、75歳以上は7~17日、65歳以上は18~30日に変更を受け付ける。

 問い合わせは市新型コロナウイルス感染症総合コールセンター(電話0570・026263)へ。コールセンターでは予約日の変更はできない。

 市によると、先行接種を行った高齢者施設の入居者らを除く市内の高齢者接種の対象者は約3万5800人。4日現在で、対象者の88.6%に当たる3万1714人の予約を受け付けた。