芝生の「葉アート」できた、郡山・逢瀬公園に児童 刈り込み描く

 
完成した「葉アート」

 県都市公園・緑化協会は1日、郡山市の逢瀬公園中央広場で、芝生を刈って模様を描く「芝生の葉アート(ハート)」を行った。同市の河内小の児童が葉アートに挑戦し、広場に大きなハートマークを完成させた。

 同校の1、2年生10人が参加。手動の芝刈り機で丁寧に芝生を刈り取り、ハートマークと、その中に「ミライ」の文字を描いた。

 参加した石川由芽さん(1年)は「みんなの『ミライ』が見えるようにと思いを込めた」と笑顔で話した。