「ひよこの引っ越し」子どもたち体験 坂下で食育イベント

 
食育イベントで産卵する鶏舎に移動させる「ひよこの引っ越し」を体験する子どもたち

 会津坂下町の鶏農家「やますけ農園」で6日、食育イベント「しあわせのたまご」が行われ、県内外の子どもたちがひよこを産卵する鶏舎に移動させる「引っ越し」を体験した。リンゴカンパニーと同農園の共同企画。

 3回シリーズの初回は、孵化(ふか)後1カ月以上が経過したひよこの成育のため、広い鶏舎の中に草でベッドを作り1羽ずつ放した。次回は野菜を育てる埼玉県春日部市の農園に卵を送るほか、最終回には卵や春日部の野菜を使ったピザ作りに挑戦する予定。

 リンゴカンパニーの榊裕美さんは「子どもたちが卵や野菜の交換を通じて交流を深めていく。その過程で生まれる周りの人や自然に対する思いやり、優しさなどが食育の原点」と話す。