51歳男「社会生活、自信ない」 三春ひき逃げ殺人、被告人質問

 

 三春町で昨年5月、道路で清掃作業中の男女2人を故意にトラックではねて殺害したなどとして、殺人やひき逃げの罪に問われた本籍伊達市、住所不定、無職盛藤吉高被告(51)の裁判員裁判第2回公判は8日、地裁郡山支部(小野寺健太裁判長)で開かれた。被告人質問で盛藤被告は「社会で生活する自信がなかった。刑務所は衣食住が保証されていて、戻りたかった」と動機を語った。

 盛藤被告は出所後、住み込みで働くことが決まっていたが、事件前日の夜に対人関係や仕事、土地勘がないことなどに漠然とした不安を募らせ、刑務所に戻るためにトラックでのひき逃げを思い付いたとした。

 事件当日を「縁石などの障害物がない場所を歩く2人連れを探して回った」と振り返り、一定程度の刑期にするために2人組にこだわって無差別にはねたと説明。現場で被害者2人を発見すると、一度通り過ぎてUターンし、徐々にアクセルを踏み込み加速して2人をはねた―と説明した。

 争点の殺意の程度を巡っては、弁護側の「殺そうとしたのか」との問いに「そこまで考えていなかった」と回答。改めて確定的な殺意について否定した。

 盛藤被告はこの日も、消え入るような声で「そうだったと思う」「ですかね」などの曖昧な回答や沈黙を繰り返した。小野寺裁判長や弁護側から計約40回聞き直されたり「もう少し大きな声で」と注意を受けたりする場面もあった。

 次回は9日午前10時から、被告人質問などが行われる。