カード詐取、100万円盗んだ疑いで男逮捕 郡山の80代女性被害

 

 金融機関の職員になりすまし郡山市の80代女性からキャッシュカードを盗み、現金計100万円を引き出したとして、郡山署は9日午後2時55分ごろ、盗みの疑いで茨城県結城市、無職の男(25)を逮捕した。同署によると、男は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年10月10日午後7時30分ごろ、金融機関の職員を名乗って女性方を訪問。女性のキャッシュカードを入れた封筒と別な封筒をすり替えて盗み、同8時20分ごろ、郡山市内の現金自動預払機(ATM)から現金計100万円を引き出した疑い。

 同署によると、訪問前、女性方には市役所職員や金融機関を名乗る男から電話があったという。男はキャッシュカードをだまし取る「受け子」に加え、現金を引き出す「出し子」の役割にも関わったとみられる。

 女性から連絡を受けた金融機関が同署に通報し、被害が発覚した。