ミネアポリス美術館の魅力紹介 6月11日、福島でギャラリートーク

 

 フォーラム福島(福島市)は、映画「HOKUSAI」の公開と、7月8日に県立美術館(同)で開幕する「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展」にちなみ、11日午前11時50分から、県立美術館の増渕鏡子学芸員を映画館に迎えてギャラリートークを開催する。

 午前9時30分からの「HOKUSAI」の上映後、増渕さんがスライド資料を使い、ミネアポリス美術館の魅力などを解説する。映画「HOKUSAI」は「謎多き天才」葛飾北斎の生涯に迫った作品で、「日本絵画の名品展」でも北斎の浮世絵が展示される。

 トークの参加対象は、同映画を鑑賞した人。11日以前に鑑賞した人も半券を持参すれば参加できる。

 またフォーラム福島は、7月16日~8月6日の毎週金曜日に、日本美術をテーマにした作品を上映する。料金は一般1100円、学生800円。「日本絵画の名品展」の前売り券か半券を提示すると1000円で鑑賞できる。上映時間はいずれも午前11時からと午後7時15分からの2回。

 問い合わせはフォーラム福島(電話024・533・1717)へ。

 日本美術テーマの作品上映日程

 ▽7月16日=山中常盤 牛若丸と常盤御前~母と子の物語
 ▽7月23日=春画と日本人(鑑賞対象は大学生以上)
 ▽7月30日=百日紅 Miss HOKUSAI
 ▽8月6日=北斎漫画(鑑賞対象は高校生以上)