三春ひき逃げ殺人、被告に死刑求刑 地裁郡山・裁判員裁判公判

 

 三春町で昨年5月、男女2人を故意にトラックではねて殺害したなどとして殺人やひき逃げなどの罪に問われた本籍伊達市、住所不定、無職盛藤吉高被告(51)の裁判員裁判公判が11日、地裁郡山支部で開かれ、検察側は「他人の生命軽視が甚だしい無差別殺人だ」として死刑を求刑した。