今季の釣果に期待、いわき・古殿の鮫川水系 待望のアユ漁解禁 

 
解禁初日に釣り上げられた良型のアユ=いわき市遠野町滝・鮫川

 いわき市南部や古殿町などを流れる鮫川水系のアユ漁は13日解禁され、鮫川本流や各支流で解禁を待ちわびた釣りファンがアユ釣りを楽しんでいる。鮫川漁協によると、初日は場所によって釣果にばらつきがあったが、入遠野川などで1人で50匹以上を釣った情報が入っているという。

 同市遠野町滝の鮫川本流は、数釣りこそ難しい状況だったものの、何とかアユを釣り上げようと釣り人たちが粘り強くさおを出していた。いわき市の60代男性は「解禁日としては良型の20センチ超えを釣ることができた。条件が整えばもっといいポイントになる。9月上旬には30センチ超えも期待できそうだ」と話した。

 同漁協は久慈川第一漁協と連携し、両漁協管内で、同一料金で釣りができる「共通遊漁券」を1万円で発行している。遊漁券は鮫川漁協事務所や市内の釣具店などで購入できる。問い合わせは同漁協(電話0246・65・6758)へ。