「民友旗」20日受賞式、感染対策し実施 会津美里町消防団

 

 会津美里町と町消防団などでつくる実行委員会は20日午前10時から、同町のじげんホールで県内最高の栄誉とされる福島民友新聞社「民友旗」の受賞式を行う。

 受賞式は、新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で実施され、鴻巣泰一団長と来賓の杉山純一町長ら関係者約30人を前に民友旗が授与される。

 民友旗表彰は1956(昭和31)年から行われている。同町消防団は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う避難者の支援に尽力したほか、火災による町内の死者数を直近5年間で年平均1人に抑えるなど、火災予防に取り組んだ活動が高く評価され、今回、初めての受賞となった。