福島県内トップは若松市「63位」 住みよさランキング総合評価

 

 東洋経済新報社が順位付けする市区別の「住みよさランキング2021」の総合評価で、会津若松市が県内トップの63位(前年183位)だった。県内の市では白河市が98位(同61位)、本宮市が124位(同91位)で続いた。同社が21日までに発表した。

 ランキングは1993(平成5)年から毎年公表され、今回は全国の812市区を対象とした。四つの視点から20のデータを使って算出し、人口当たりの病床数や刑法犯認知件数などで「安心度」、人口当たりの小売販売額や飲食店数などで「利便度」、転出入人口比率や気候などで「快適度」、財政力指数や納税義務者1人当たりの所得などで「富裕度」を見る。

 県内の市は安心度で喜多方市が12位、会津若松市が31位、田村市が59位、二本松市が99位、利便度で相馬市が77位、白河市が80位、会津若松市が82位となり、100位以内に入った。一方、快適度は白河市の275位、富裕度は郡山市の203位が最高で、全体的に下位が目立った。

 総合評価では、ベッドタウンで若いファミリー世代を中心に人口が増加している野々市市(石川県)が2年連続1位を獲得した。