福島南高生「英語での観光案内任せて」 五輪外国人旅行者向けに

 
ガイドの仕方を学ぶ福島南高の生徒ら

 開幕まで約1カ月となった東京五輪・パラリンピックで本県を訪れる外国人旅行者に本県の魅力を紹介する「高校生観光ガイド」の養成講座が20日、福島市の飯坂温泉街で開かれた。開幕前最後の実践研修で、国際文化科がある福島南高の生徒6人が外国出身の2人に英語で温泉街の魅力を紹介した。

県北地方振興局の主催。3月に開講し、座学やオンライン講座、同市の花見山訪問などで英語と地域の魅力を学んできた。高校生が地域の魅力を知ることも目的の一つで、参加者は事前にパンフレットやインターネットで飯坂温泉街の魅力を学び、実践研修に臨んだ。

 この日はツアーの企画・運営や手配を行っている福島市の斎藤久美子さんが講師を務め、ガイドのこつなどを指導。福島交通飯坂線飯坂温泉駅から共同浴場の鯖湖(さばこ)湯や国登録有形文化財のなかむらや旅館、「飯坂けんか祭り」で知られる八幡神社、観光文化交流施設旧堀切邸などを巡った。

 生徒らは随所で、モンゴル出身のサインブヤン・オドバヤルさん(29)と英国出身のコット・オスカーさん(25)に英語で温泉街の魅力を紹介。飯坂温泉駅前などでは、英語研究部所属の佐藤彩菜さん(3年)が滑らかな英語で観光情報などを説明した。

 同振興局は東京五輪の野球・ソフトボール競技が行われる同市のあづま球場周辺に特設ブースを設け、本県の観光名所などを紹介する計画。養成講座に参加した生徒らも協力する予定。