「信夫山を彼岸花の名所に」賛同、福島商議所女性会が球根植え

 
球根を植える会員たち

 福島商議所女性会が作業 福島商工会議所女性会は15日、福島市の信夫山で彼岸花の球根植え付け作業を行い、会員が作業に汗を流しながら戦没者への祈りと平和を願った。

 同会は県遺族会が取り組む彼岸花の植栽活動に賛同。「信夫山彼岸花プロジェクト」として、平和の尊さを伝え、信夫山の彼岸花を福島の名所にしようと県遺族会の活動を支援している。昨年度は女性会創立40周年記念事業として看板を設置した。

 この日は会員約20人が護国神社周辺で穴を掘り、球根を植えた。球根の寄贈など活動の輪が広がっており、女性会の佐藤圭子副会長は「秋には彼岸花一色となり、たくさんの人が訪れる場所にしていきたい」とPRした。