「フラ・フラダンス」12月公開 いわき出身・富田さん声優起用

 

 映画配給会社アニプレックスは22日、いわき市を舞台にしたアニメ映画「フラ・フラダンス」の公開日が12月3日に決定したと発表した。当初は今年夏の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大などを受け、時期を変更した。また、声優としていわき市出身の俳優、富田望生(みう)さんを起用することも発表した。

 同作品は、主人公の「夏凪日羽(なつなぎひわ)」が、スパリゾートハワイアンズダンシングチーム「フラガール」の新人ダンサーとして、同期と共に成長する姿を描く青春群像劇。富田さんは、主人公の同期生で、笑顔あふれるムードメーカーの「滝川蘭子」役を務める。アフレコを体験した富田さんは、「見覚えのある情景やフラダンスとの思い出を重ね合わせることで、匂いまで感じられたかのようだった」とコメントを寄せた。また、清水敏男市長も声優として参加する。

 同作品は「鋼の錬金術師」などを手掛けた水島精二氏が総監督を務める。全国で公開予定で、県内ではイオンシネマ福島、フォーラム福島(福島市)とポレポレシネマズいわき小名浜(いわき市)で上映する。