福島県で新型コロナ新たに12人 郡山の感染者数1000人超に

 

 県は23日、県内で新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。22日に陽性と判明した。県内の感染確認は計4803人となった。

 郡山市の感染者数は計1002人となり、県内の市町村で初めて1000人を超えた。今月に入り感染が確認された215人のうち、同市が99人と46%を占めるなど感染が再拡大しつつある。県外在住者を起点とした飲食店由来の感染が家族や知人、職場などに広がっているほか、感染経路不明者も54人に上っており、県は「基本的な感染対策を講じてほしい」と求めている。

 12人の内訳は郡山市7人、いわき市2人、須賀川市、相馬市、田村市各1人。このうち2人はいわき市の少年スポーツチームの保護者が開いた会食の参加者。12人のうち8人の感染経路が不明という。

 22日現在の入院者数は94人で病床使用率は19.0%となり、2日ぶりにステージ3(感染者の急増)の指標である20%以上を下回った。重症は5人。9人が宿泊療養中で、2人が自宅療養している。療養先調整中は2人。同日までに11人が退院し、1人が宿泊療養施設を退所した。1人の自宅療養が解除された。