高校の音楽部応援、オンライン演奏会 7月7日まで参加校募る

 
ナビゲーターを務める女優の箭内夢菜さん

 新型コロナウイルスの影響で活動を制限されている高校の音楽部を応援しようと、演奏をオンラインで届ける「福島県高校生オンライン音楽祭~音楽のチカラ、夢を奏でよう~」が初めて開かれる。7月7日まで参加校を募集している。

 参加各校の定期演奏会会場などで1校当たり2曲の演奏を収録し、練習風景や生徒の横顔とともに映像を編集。女優で福島民友新聞社イメージキャラクターの箭内夢菜さんをナビゲーターに、10月から特設ホームページで公開する。箭内さんと参加校の代表生徒によるトークセッションをオンラインで行い、「夢」をテーマに語り合う動画も配信する。収録の様子は福島民友の紙面とふくしまFMの番組で紹介する。

 募集対象は県内高校の吹奏楽部、管弦楽部、合唱部。応募校の中から地域バランスなどを考慮して6校を事務局が選定する。所定の応募用紙に必要事項を書いて申し込む。問い合わせは、音楽祭事務局のイダテン(電話024・529・7187、平日午前9時~午後5時)へ。

 JA共済連福島の主催。福島民友新聞社、ふくしまFMの共催、県高校文化連盟などの後援。高校生の文化芸術活動を後押しし、音楽の力で福島を元気にしようと企画した。