人馬一体、その時を待つ 野馬追まで1カ月、騎馬武者が訓練に汗

 
相馬野馬追に向け早朝から烏崎海岸で行われている乗馬訓練

 相双地方の伝統行事「相馬野馬追」は、24日で開幕まで1カ月となった。南相馬市鹿島区の烏崎海岸では、出場する騎馬武者が早朝から乗馬訓練に汗を流し、人馬一体で本番に備えている。

 出場者は早朝、馬をトラックに乗せて海岸まで移動する。訓練では、馬の体調を確認するように何度も浜辺を往復する。朝の光に照らされた時には、見る人にまるで一幅の絵のような美しさを感じさせる。

 昨年は、新型コロナウイルスの影響で神事を中心に規模を大幅縮小した「省略野馬追」として無観客で行われた。今年は7月24~26日の日程で、騎馬武者行列などの主要行事を2年ぶりに行う方向で調整している。